ユーザー事例
トップ > このページ
ステージイメージ

2008年4月18日・19日、文化女子大学の第23回 Fashion Show「輝跡」に弊社の生地を使用していただきました。

人の持つ「可能性」を衣装に託し、輝く「凛とした女性像」を表現されています。

ショール:
スモッキングを施したシルバーの生地の上にギャザーを寄せた透け感の強いグラスオーガンジーを何枚も重ねることで、立体感と照明による複雑な輝きが生まれています。
装飾:
グラスオーガンジーにワッシャー加工を施し、ボリューム感を出してさらにスパンをのせることで動きによる輝きを出されています。
グラスオーガンジー
ガラスの様な透明感を持つオーガンジー。ウェディングドレスによく使われている素材の一つです。ティーパックなどにも使用されています。

ミシン加工
綿サテンをベルベットと貼り合せたモチーフを切り取り、グラスオーガンジーに縫い付けることで、ベース部分は透けて下地との重ね合わせの色の効果を表現し、モチーフ部分は立体的に浮かんだ様に見せることができます。

↑クリックで拡大します


ドレスのスカート部分にグラスオーガンジーを使用しています。色をグラデーションにして重ねることで立体感を表現されています。

↑クリックで拡大します

アイロンによるワッシャー加工
透明感の高いグラスオーガンジーにアイロンでワッシャー加工を施すことで、シボ感を出し、適度な表面効果を表現しています。

↑クリックで拡大します
文化女子大学
文化女子大学は開学以来今日まで、「新しい美と文化の創造」を掲げ、その意義を失うことなくこれを継承されています。時代をリードする「新しい美」を追及すること、またその教育研究活動を通じて次世代の「文化」を創造することを基本理念としている学校です。
http://bwu.bunka.ac.jp/

●ここで紹介している素材のお求めは、ORGANDIE.NET/STORE