サンコロナ小田株式会社  会社概要

商号 サンコロナ小田株式会社
英文表記 SUNCORONA ODA co.,ltd.
所在地 【大阪本社】
〒541-0053   大阪市中央区本町2-1-6 堺筋本町センタービル4F
TEL 06-6266-0063 (代) FAX 06-6266-0065
【小松本店】
〒923-0311   石川県小松市木場町カ81
TEL 0761-43-2211(代) FAX 0761-43-1762
代表者 代表取締役   小田 外喜夫
設立 2013(平成25)年1月
資本金 33,725千円
売上高 11,491百万円(2012年6月期)(サンコロナ 8,268百万円 小田ゴウセン 3,223百万円)
事業内容 インテリア及びアパレル用テキスタイル ファブリクス(ジャガード、ドビー、プリント、ボイル、レース、オーガンジー)、仮撚、分繊、撚糸などの化学繊維の加工製造・販売
従業員数 148名(男性78名/女性70名)
主要取引先 株式会社サンゲツ、リリカラ株式会社、株式会社川島織物セルコン、東リ株式会社、東レ株式会社、帝人フロンティア株式会社、伊藤忠商事株式会社、三菱商事株式会社、蝶理株式会社、モリリン株式会社、一村産業株式会社、株式会社ニトリ、イオン株式会社、株式会社千趣会、ワタベウェディング株式会社、(敬称略、順不同)
取引銀行 福井銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、商工中金、北国銀行、日本政策金融金庫
営業所 【東京店】
〒103-0004   東京都中央区東日本橋1-2-15
金亀ビル3F
衣料部:TEL 03-5835-3780 FAX 03-5835-3781
縫製品部:TEL 03-5835-3807  FAX 03-5835-3808
【山口工場】
〒747-0231   山口県山口市徳地堀1369−1
TEL : 06-6264-6350   FAX : 0835-52-1133
沿革
1960年(S.35) 小田合繊工業株式会社を設立(小田ゴウセンの前身会社)
1973年(S.48) ウーリー分繊技術の確立(小田合繊工業株式会社)
1975年(S.50) 株式会社サンコロナを設立
1981年(S.56) サンコロナ小松営業所を設立
1985年(S.60) 徳地合繊株式会社を設立
1987年(S.62) 株式会社小田ゴウセンと株式会社小田テックスを設立
1990年(H.2) サンコロナがドイツハイムテキスタイルに出店
1995年(H.7) サンコロナ東京店を設立
1998年(H.10) 株式会社オーエスファクトリーを設立
1999年(H.11) 小田ゴウセンが徳地合繊山口工場で分繊生産を開始
2000年(H.12) 小田ゴウセンが分繊自販体制を確立。TOKUJI系(セカンドブランド)の開発。
2001年(H.13) 上海小田装飾用品有限公司を設立
2004年(H.16) 小田ゴウセングループ、繊研新聞【特別賞】受賞
2006年(H.18) 無錫小田合成繊維有限公司を設立。分繊事業のグローバル生産拠点として中国・無錫市に生産工場を設立
2008年(H.20) 小田ベトナム社を設立
小田ゴウセンが経済産業省「元気なモノづくり中小企業300社」に選定される。
2009年(H.21) 厦門旺世商貿有限公司を設立
2010年(H.22) 効率的なグループ経営を推進するため小田ゴウセンと徳地合繊が対等合併
上海昂日商貿有限公司を設立
2011年(H.23) 小田ゴウセンが新規事業開発にて経済産業省のサポートインダストリーの認定を得る。
2012年(H.24) 効率的なグループ経営を推進するため小田テックスが小田ゴウセンを吸収合併し、商号を小田テックスから小田ゴウセンに変更
2013年(H.25) グループの更なる経営体質強化のため、サンコロナが小田ゴウセンを吸収合併し、商号をサンコロナ小田に変更