展示会レポート
トップ > このページ
 
ステージイメージ

‘09年10月7日(水)〜9日(金)までの3日間、東京BIG SIGHTにて2010A/W:JFW JAPAN CREATIONが開催されました。大型台風の上陸と重なり、2日目の来場者は6,063人(3日間計:27,429人)という結果で3万人を割り込んだ結果となりました。

また市況はユニクロの一人勝ち、百貨店の売上DOWN、海外勢の参入と低価格要求が引き続き強い中、最新のファッション素材を求める動きも出始めており、来場者は吟味して差別化素材を選定されていました。弊社の商談件数は7日(40件)、8日(28件)、9日(25件)でした。

今回の出展コンセプトは「薄」「透」「軽」「光」。展示方法はソフト感のある生地は球体から落とす。ブライダル素材はバイヤスに展示する。インテリア素材はLEDの照明を当て、スクエアにCUTした生地を吊るす。と言う見せ方で使用用途を意識して展示しました。

10dシリーズ、フェアリーウイング、2次加工品、インテリア系素材、ブライダル素材と扱い商品の巾出しが出来てきており、アパレルの来場者が増加傾向になってきていると感じました。中でも10dシリーズやチェックオーガンジー、ボーダーオーガンジーの商品が好評でした。

○出展内容
  1. 52品番、1,100色を常備在庫している定番のオーガンジーを主としたヌーベルマリエの総合ブック帳。(中でも♯2440[20dX40dの定番]は1品番で170色在庫しており、即日出荷対応しております)
  2. 2色に染め分け出来るランダムチェックオーガンジーです。チェック柄が主張しすぎず、無地ライクにも見え、飽きの来ない柄となっております。

    光の角度でちらちらとした光沢が見え隠れし、表情豊かな素材です。無地との重ね使いもお勧めの素材です。
    1001:3色のチェック柄の生地
    ※クリックで拡大します
  3. 10デニール、1フィラメントという極細の経て糸と緯糸にシルクを使った繊細な素材です。
    上品な光沢と透け感、風合いを兼ね揃えた高級感のある交織の素材です。
    通常では難しいとされている、ポリエステルとシルク素材の後染めでシャンブレーを表現
    することができ、付加価値のある素材です。
    2601:ピンクの生地
    ※クリックで拡大します
  4. 「透」「薄」「軽」の究極素材、7デニール/1フィラメント(髪の毛の約6分の1の細さで、1本の糸が9,000mで僅か7gの糸を使用した素材)の超極薄オーガンジーや10デニール/1フィラメントのエアリーサテン。

    ※クリックで拡大します

上記素材にご興味のある方は弊社営業担当にご連絡いただくか、お問い合せ用フォームからお問い合わせください。

イベント会場の様子

JFW JAPAN CREATION
JFW JAPAN CREATIONは、高感度、高品質、高機能など、高付加価値な日本製品を一堂に揃え、世界から質の高いバイヤーが集うビジネスの場を提供しています。
http://www.japancreation.com

YAHOO! SHOP